超基本 会社設立時の資本金

資本金はいくらが妥当なのか? - 超基本 会社設立時の資本金

超基本 会社設立時の資本金 > 資本金はいくらが妥当なのか?

資本金はいくらが妥当なのか?

会社設立の資本金の額は、多ければ多いほど経営基盤が安定している会社と判断されて対外的な信用は高くなると言えます。
その為、少しでも資本金の額は多い方が、会社設立時の他企業との取引もスムーズに行くことが多いのです。
ただ、現実問題として大企業でもない限り数千万円から数億円と言った多額の資本金を用意できる会社はほとんどないです。
では、会社設立時の資本金の額はいくらが妥当なのでしょうか?

新会社法の施行で最低資本金制度が撤廃されたことから、1円以上の資本金があれば会社設立は可能になりました。
しかし、資本金1円の新会社から新規取引の依頼をされても、どこの企業も躊躇してしまうことが多いので現実的ではありません。
ただ、実際に資本金が1円という会社も存在していますし、普通に営業しているというのも事実なのですが、そのような場合に注意しなくてはならないことがあります。

会社設立時の資本金が1円では、一般的に銀行口座の開設がNGという所も少なくないため、銀行口座がないことで営業ができない可能性もあります。
また、会社運営には事業経費がかかるので、設立と同時に即売り上げ計上ができない場合には、設立後即債務超過に陥ってしまうことにもなりかねないのです。

これらのことを考慮して会社設立の資本金はいくらが妥当なのかと言うと、特殊なインフラ系企業や国の基幹事業系の会社なら、最低でも資本金は1000万円以上が相場と考えられます。
ただ一般の方に馴染みのある建設業・小売・不動産、サービス業などであれば約300万円~500万円程度ですから、会社設立の資本金は100万円~500万円が大体の目安になると言えます。
一方、信用面などは関係なく節税だけが目的の中小企業なら約10万円~100万円の資本金というケースも少なくないです。
あくまで会社設立の資本金がいくらなのかと言う平均・統計からいわれている相場ですから、設立しようとする会社によって違いがあることは確かです。

top