超基本 会社設立時の資本金

資本金の使い方について知っておくことは? - 超基本 会社設立時の資本金

超基本 会社設立時の資本金 > 資本金の使い方について

資本金の使い方について知っておくことは?

会社設立時の資本金は、使わないでそのまま残しておかなければいけないと考えている方も少なくないです。
また、会社設立登記が完了した時点で会社名義の銀行口座をつくる際には、資本金の額と同じ金額を移さなければならないと思っている方も多いです。
しかし会社設立の資本金は、保証金とは異なる存在ですから、設立前であっても設立費用として使用しても何の問題もないことなのです。
つまり、資本金はそのまま保管する必要はないですし、資本金と同じ金額を会社名義の口座に移行しなくても良いのです。

会社設立の資本金の使い方としては、まず設立に必要となる登記の印紙代から始まって、事務所を借りるために必要となる保証金、その他パソコンなど備品を揃える費用など様々な使い方があるのです。
また仕入をするビジネスならば、一番初めの仕入をする仕入代金も、資本金の使い方のひとつになってくるのです。
このように一番初めの初期投資として資本金を使うことは必要不可欠なことで、逆に資本金の金額がそのまま会社の口座に残っている方が不自然なことになるのです。

では、いつから資本金を使用することが可能なのかは、使い方と共に知っておく必要があることです。
会社設立時に登記手続きする際に、資本金額が法人名義の口座に入金された事実を確認されるので、通帳のコピーを登記申請時に提出します。
この事実が確認できさえできれば問題がないので、入金した後すぐに引き出して初期投資として資本金を使うことができるのです。
つまり登記申請日に法人名義の口座に資本金額が残っている必要はないですし、不足した資本金の補充は要求されないのです。

資本金は会社に一定の財産があることを証明するためのものではないことを理解した上で、このような使い方をしても問題ないことを知っておくと良いです。
ただし、初期投資として資本金を使用した場合には、しっかりと領収書や請求書を会社で保管しておくことを忘れないことも大事です。

top