超基本 会社設立時の資本金

資本金払込の手続きと注意点 - 超基本 会社設立時の資本金

超基本 会社設立時の資本金 > 資本金払込の手続きと注意点

資本金払込の手続きと注意点

会社設立時には、設立事項で定められた資本金の金額を所定の銀行口座に払い込む手続きが必要になります。
その資本金払込の具体的な手続きは5つのステップから構成されているので、注意点と共に知っておくと参考として役立ちます。

資本金払込時点では会社設立されていないため法人の銀行口座がないので、発起人個人の銀行口座を用意するのが最初のステップになります。
複数の発起人がいる場合には発起人総代の銀行口座を使用することになりますし、通帳コピーを作成する必要があることから通帳のある銀行口座を用意する必要があります。

次のステップは資本金を振り込むことで、この際に重要になるのが預け入れではなくて振り込みという点です。
ただし発起人が1人の場合に関しては、預け入れでも問題はないです。

3つ目のステップは、定められた金額を確かに振り込んだということを証明するために通帳コピーを作成することです。
コピーするのは、表紙・表紙裏・振り込み内容が記帳されているページで、コピー用紙のサイズについては特別決まりはありませんが一般的にA4で作成することが多いです。

次に払込証明書を作成する必要があって、それに必要となる項目は、払込された金額の総額・払込があった株数・1株の払込金額・日付・本店所在地・会社名・代表取締役氏名です。
また払込証明書の左上に1つと代表取締役氏名の右側に1つ会社代表印が必要となります。

最後のステップは通帳コピーと払込証明書の製本で、払込証明書、通帳コピーの表紙・表紙裏・振り込み内容が記載されているページの順になるようにします。
製本する際には留める位置を書類の左端から少し内側にしておくと押印しやすくなるので、そのことも知っておくと役立ちます。

会社設立時の資本金払込に関する注意点のひとつは手続きのタイミングで、2番目のステップ以降は定款認証日以降の日付になるように手続きする必要があるということです。
定款認証日より前に資本金の振込日がなっていると法務局で受理してもらえない可能性があるので注意したい点です。
もうひとつは会社代表者印で、代表取締役の個人の実印ではなくて会社の実印です。

top